資本性ローンの融資でリスケジュール正常化が実現

長年リスケジュールを繰り返してきたが、何とか改善したいと相談したところ、資本性ローンについての説明を受けた。
融資実行の支援をして頂き、無事に融資実行となり、他金融機関の返済を資本性ローンの借り入れ分で行い、無事リスケジュールの正常化に繋がった。

後継者としての「する事」の指導で事業承継が無事に息子に

事業承継問題で、後継者をどうしようか悩んでいたため相談し、支援を依頼。
すぐに後継予定の息子と面談をしてくれ、息子が後継者として何を始めるべきか等を指導してくれた。
お陰で、息子が事業承継についての勉強を開始し、無事、息子へ事業を承継できる目途が立った。

コンサルティング契約にはどのような種類がありますか?

経営支援が必要と感じていますが、どのような点をどれくらい…のように、必要に応じた契約の形態がいろいろ選べますか?

大きく分けて「顧問契約]と「プロジェクト契約」型の二つがあります。

契約については大きく2つのパターンがあります。 「月度の顧問契約」と、特定のテーマに対し一定期間で解決を図る「プロジェクト型の契約」です。

「顧問契約」は、企業が抱える様々な分野の課題を包括的・継続的に解決していきたいような場合に適しています。中長期の計画はもちろん、毎月、経営状況を分析し、次の改善施策をだしていきます。
「プロジェクト契約」は、特定の具体的な経営課題を解決したい場合に適しています。対象テーマに対し集中的に、目標期間を定めて分析・計画・改善行動をしていきます。

何れも、社内資源の状況を考慮し、ご相談の上、ご支援のスタイルを決めさせていただきます。

契約の前に事前相談することはできますか?

専門家の指導を仰ぎたいとは思っていますが経営コンサルティングの契約をしたことがなく不安です。契約しなくても事前相談などできますか?

「経験」があり、「課題を解決」できる案件でない場合には、コンサルティング契約をすることはありません。

事業の状況や課題などをよくお聞きしご相談の後「経営課題」や「解決すべき事柄」が明確になってから、必要な支援分野・内容とアプローチなどについて互いに確認の上、ご契約をいただきます。
先ずは「無料経営相談」で課題や状況をおきかせください。弊社が営業を掛けることもありませんし、完全無料ですので安心してご相談ください。

「事業計画書」の策定で新規事業の融資が無事に

新事業開始の為、資金が2,000万円必要となったが、 今まで、無借金経営で社内にノウハウがなかったため、金融機関交渉や金融機関に提出する事業計画書作成などを依頼。

ヒアリング後すぐに事業計画書を作成してくれ、また金融機関交渉術をわかりやすく教えてもらった。
そのお陰で、事業計画書提出後の金融機関への対応等もスムーズに行うことが出来、希望日に申込通り 2,000万円の融資実行に成功、予定通り新事業を開始する事が出来ました。