東京都テレワーク補助金を活用した飲食店のテレワーク環境構築

テレワーク補助金で環境構築

東京都テレワーク補助金を活用して、飲食業(寿司店)で事務や予約業務のテレワーク環境構築例

融資金融機関/内容
〔補助金・助成金〕
融資/補助金名称等
〔テレワーク補助金〕
業種/所在県
〔飲食業〕 / 〔東京都〕
融資/補助内容
〔IT・DX推進〕
融資/補助金額
〔71万円〕

ご依頼概要

2020年(令和2)、東京都で飲食業(寿司店)を営まれる企業様から、コロナ禍に対応するために「テレワーク環境の構築」をしたいとのご依頼を受け、ご支援をさせていただきました。

お困りの状況・課題

従来、経理業務や総務業務等の事務・経営やお客様の予約対応、EC販売(ショッピングサイト運営)の管理など、全ての事務業務を店舗で行っていらっしゃったところ、コロナ禍で不要・不急の外出を避けると共にテレワークが推奨されました。

しかし、店舗内に設置されている1台のコンピューターで全ての業務を管理しており、そのままではテレワークが出来ない事、また売上が減少しておりテレワーク環境の構築費用が捻出できないとのご相談を受けました。

ご支援内容

当社から、「東京しごと財団」が助成する『テレワーク補助金』の活用をご提案しました。

『テレワーク補助金』
東京都内の中小・中堅事業者が自社のテレワーク環境を構築する為の費用の2/3を都が助成するもので、

・パソコン、タブレット等機器の購入費やリース料
・機器の設置・設定費 や機器の保守費用、導入時運用サポート費
・クラウドサービス等の利用料(例:コミュニケーションツール使用料)

などの費用が補助されるため、テレワーク環境構築とのご希望に最適でしたのでご提案し、申請書類の作成・指導等ご支援しました。

補助金の申請内容

申請書類の作成・指導をさせていただき申請したところ、無事助成金の申請が採択され、テレワーク環境を整える事が出来、コロナ禍においても以前と変わりなく営業をされていらっしゃいます。

本記事掲載時点では、この助成金は受付を終了していますが、国の「テレワーク」促進の方針の下、国や都道府県などの助成金制度はありますので、まずはご相談ください。